2013年10月19日の練習
10/19(土)の練習

今日は大津の施設をお借りしての練習でした。

合奏は、指揮者の方もプレイヤーの一人になって、全員で輪になって合奏をしました。

練習日にいつも指揮者の方に指導を受けられるわけではないため、
「自分たちだけの練習で、どのように合奏をしたら効率的な練習ができるのか」
という事を「ビヨンド ザ ホライズン」という曲を使って、細かく教えていただきました。

テンポを出すための手拍子を、プレイヤーで交代して叩き、たたく人も自分の出すテンポに責任を持ってみんなを引っ張っていくという心構えも教えていただきました。
一人ひとりの感じ方やたたき方も違っていて、とてもいい刺激を受けました。

また、小節番号で区切って細かく分けて練習をしました。
メロディだけをつなげて吹いたり、伴奏だけの流れを確認したりして、曲のつながりを意識できるようにしました。

いままでにはないような、緊張する練習でしたが、
たくさんのことを教えていただいて、次回の練習から必ず役に立つように、
忘れないように書き留めておきたいと思いました。

こんな緊張の練習の間、おこちゃまたちは大きな問題もなく、
とってもおりこうさんに遊んでいました。
ありがとう♪

B.Sax さちこ
| 活動日記 | page top↑
| ホーム |